アムウェイ勧誘の実態を調査した

ネットワークビジネスの勧誘でお困りではありませんか?オンラインでの集客方法あります!(今すぐタップ)

 

アムウェイなどのネットワークビジネスでは、ダウンをいかに成長させ、活性化させるかがポイントとなります。これを実現させるには勧誘が必須ですが、必ずしも勧誘が成功するわけではありません。この記事では、勧誘の現場のリアルな情報をまとめてみます。

アムウェイの勧誘の仕方をまとめた

アムウェイなどのネットワークビジネスで用いられる勧誘の仕方としてまず挙げられるのは、セミナーへ誘う方法です。ネットワークビジネスであることを隠して、“美容のセミナーがあるから一緒に行こうよ?”といった具合に、ターゲットへと持ちかけてきます。次に、カフェやファミレスなどで行われるABC勧誘というものがあります。このケースでは、「スゴイ成功している人が来るから話だけでも聞いてみない?」といった具合にお茶へと誘い、そのまま複数名での勧誘がお店で行われます。類似ケースとしては、勧誘者とターゲットが食事しているところに、その“スゴイ人物”が偶然を装って登場し、そのまま同席、勧誘へと入っていく手法もあります。アムウェイなどのネットワークビジネスの勧誘に共通しているのは、とにかく自分の属するネットワークビジネスのコミュニティへと誘い込み、ターゲットの反応を見計らいながら勧誘するという点でしょう。

アムウェイ勧誘の断り方を聞いてみた

アムウェイなどのネットワークビジネスの場合、身近な人物から勧誘を受けるケースも少なくありません。なので、あまり強固に断るのも悪いような気がしてしまうかもしれませんが、曖昧な返答を行うだけでは余計にしつこい勧誘を招いてしまいかねないので、明確に断りの意思表示を行わなくてはなりません。“とりあえず検討してみてから”といったように曖昧にしないことが大切です。断ろうとする理由をひとつずつ潰しながらセールスを成立させようとするセールスマンをイメージすればよりわかりやすいでしょう。曖昧な態度は勧誘を長期化させてしまい、お互いの利益を損ねてしまう結果となります。きっぱりとした意思表示は、勧誘をかけてきた相手とのこれまでの人間関係を維持していくためにも大切であり、決してその関係性を破壊しようとするものではありません。勧誘している人も、断られる可能性は十分に承知しているので、興味がないならきっぱり断ることが大切です。

アムウェイ勧誘した後の友達との関係はどうなる?!

友人を勧誘するのはとても楽かもしれませんが、いざ勧誘しようと思ったときに頭を過るのが、関係性に亀裂が生じるのではないかという点です。そのようなケースを避けるためには、日頃からアムウェイなどのネットワークビジネスについて、その友人が興味がありそうかどうかを探りつつ、ターゲットにするかどうかを見定めなくてはなりません。こうすることで、興味のない友人を誘ってしまうのを避けられるため、下手に友人を失うこともありません。また、友人関係を維持するには、マナーを守って勧誘するのが大事です。誰でも必要以上にしつこく勧誘されれば不快な思いをしますし、嘘をつかれるのも嫌います。友達である以上、相手も自分のことをどのような人物か知っているので、アムウェイなどのネットワークビジネスについて切り出しても、そのことが友人関係を壊すことはないでしょう。しかし、勧誘は相手の利益に直結することなので、ほどほどにしておくのが理想といえます。

まとめ

ネットワークビジネスにおいて勧誘は必須ですが、友人を誘う場合にはやはり注意が必要です。近年はSNSで他人とつながりやすくなっているので、友人より先にネットを介した勧誘を検討してみてはいかがでしょうか。どうしても友人を誘わなくてはならないときには、それをきっかけに友人関係が失われてしまわないよう、マナーを守って勧誘するように心がけましょう。

口コミは必要なし!友達に嫌われないオンラインリクルート法はこちらです!【今すぐクリック!】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする